AACoRE > Projects > LingDy
ILCAA

お知らせ

フィールド言語学ワークショップ:第5回テクニカル・ワークショップ:連続講義・実習「フィールド言語学と言語ドキュメンテーション」(2017年3月14日~15日)

このワークショップは少数言語・危機言語のフィールドワーク、ドキュメンテーションを行っている、あるいは近い将来行う予定の研究者・学生の皆様を対象に、調査・研究に役立つ知見や知識を伝えることを目的としています。インドネシア・パプア州での豊富な調査経験を持つ Sonja Riesberg 博士を講師に迎えて開催しました。

主なトピックは以下の二つです。

(1) データアノテーションソフトELAN(講義および実習)
(2) フィールド言語学の手法:フィールドで話者から調査・研究目的に沿ったデータを引き出す方法(講義)  

TechWS_14_15_march_2017_1.jpg  TechWS_14_15_march_2017_2.jpg

--------------------

日時
2017年3月14日(火)10:30~16:00
2017年3月15日(水)10:30~16:00

タイムテーブル
3月14日(火)
10:30~12:00 講義:ソフトウェアELAN~機能と使用法の概略
13:00~16:00 実習:ELAN

3月15日(水)
10:30~12:00 講義:フィールド言語学の手法~目的に沿ったデータを引き出す方法
13:00~16:00 各自のデータに対するELANを用いたアノテーション作業と講師への質問・相談

場所:アジア・アフリカ言語文化研究所 3階304室

講師:Sonja Riesberg 博士(オーストラリア国立大学/ケルン大学/AA研共同研究員)

使用言語:英語(通訳なし)

参加費:無料

主催:日本学術振興会 頭脳循環を加速する戦略的国際研究ネットワーク推進プログラム「危機言語・少数言語を中心とする循環型調査研究のための機動的国際ネットワーク構築」

後援:東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所 基幹研究「多言語・多文化共生に向けた循環型の言語研究体制の構築」(LingDy3)

2017年03月15日