AACoRE > Projects > LingDy
ILCAA

活動プログラム

Symposium "Dynamics of Insubordination"

 AA研共同研究プロジェクト「節連結に関する通言語的研究」

シンポジウム企画者

  • 渡辺己(東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所)
  • Nicholas Evans (オーストラリア国立大学/AA研共同研究員)

開催情報

2012sympo_flier_jp_logo.png 日時:2012年10月25日(木)〜 28日(日)
会場:東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所  大会議室 (303)
主催:東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所 言語ダイナミクス科学研究プロジェクト (LingDy)
協力:オーストラリア国立大学 (ANU)・オーストラリア研究評議会 (ARC)

ポスター(pdfファイル 634KB)

背景と目的

The phenomenon of insubordination (Evans 2007) has emerged in recent years has a fascinating point of intersection between many issues, across a wide range of languages. It can be defined diachronically as the recruitment of main clause structures from subordinate structures, or synchronically as the independent use of constructions exhibiting prima facie characteristics of subordinate clauses; the term ‘suspended clauses’ has also been used for the phenomenon (Ohori 1996, 2000). 

Insubordination phenomena have begun turning up in many languages from around the world where they had not previously been reported, such as Tlingit and Sliammon Salish in the Pacific Northwest (Cable 2008, Watanabe 2009 ), thesis-length studies of insubordination in particular languages have begun appearing (e.g. Manzao 2011, Nuñez-Lagos 2005), with scholarly research particularly active among Romance linguists (Deulofeu 1988, 1999, Montolío 1999, Rodriguez Ramalle 2008),  historical arguments turning on insubordination have been employed to problems in establishing broader relationships of Altaic (Robbeets 2009), and studies of how discourse dependencies are established have become interested in the way interclausal signalling can be coerced to signal relations between larger discourse units (Mithun 2008). 

With all this interest, we believe the time is ripe for a symposium dedicated to the topic of insubordination. This will bring together researchers interested in the phenomenon, in a wide range of languages and from a broad range of perspectives. 

発表者

  • Anna Berge(アラスカ大学フェアバンクス校/AA研共同研究員)
  • Bernard Comrie(マックス・プランク進化人類学研究所/カリフォルニア大学サンタバーバラ校/AA研共同研究員)
  • Sonia Cristofaro(パヴィア大学)
  • Jeanne-Marie Debaisieux(パリ第三大学)
  • Arienne M. Dwyer(カンザス大学/AA研共同研究員)
  • Nicholas Evans(オーストラリア国立大学/AA研共同研究員)
  • Simeon Floyd(マックス・プランク心理言語学研究所)
  • 藤井 聖子(東京大学)
  • Pedro Gras Manzano(バルセロナ大学/ルーヴェン・カトリック大学)
  • 河内 一博(防衛大学校/AA研共同研究員)
  • Edoardo Lombardi Vallauri(ローマ第三大学)
  • Philippe Martin(パリ第七大学)
  • Marianne Mithun(カリフォルニア大学サンタバーバラ校/AA研共同研究員)
  • Heiko Narrog(東北大学)
  • 大堀 壽夫 (東京大学)
  • Martine Robbeets(マインツ大学)
  • Scott A. Schwenter(オハイオ州立大学)
  • Jean-Christophe Verstraete(ルーヴェン・カトリック大学)
  • 渡辺己(東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所)

 参加申し込み

参加を希望される方は,「シンポジウム申込み」と明記し,下記の内容をご記入のうえ,10月23日(火)までに(レセプションご参加希望の方は10月18日(木)までに)E-mailにて事務局宛にお申込みください。折り返しご連絡をさしあげます。どなたでもご参加いただけますが,お席に限りがございますので,できるだけ事前にご登録下さいますよう,お願いいたします。

  1. 氏名(名札用にローマ字表記も添えてください)
  2. 連絡先(ご所属、E-mailアドレス)
  3. 参加日程(全日程、25日のみ、など)
  4. 懇親会参加の有無(10月27日 18:30より東京外国語大学キャンパス内アゴラグローバル(1階喫茶スペース)にて開催予定。参加費 4,000円)

言語ダイナミクス科学研究プロジェクト(LingDy)事務局
lingdy-office[atmark]aacore.net

プログラム

プログラムの詳細は下記をご覧下さい。

TIMETABLE

レセプション

10月27日(土)18:30〜20:30,アゴラ1階 喫茶スペース

昼食について

25〜26日は大学の食堂が営業しておりますが,27〜28日は学食が閉店しておりますので,昼食はご持参いただくか,近隣のレストランをご利用ください。