AACoRE > Projects > LingDy
ILCAA

活動プログラム

第2回国際ワークショップ オーストロネシア諸語の情報構造

Proceedings the Second International Workshop on Information Structure of Austronesian Languages

ISBN: 978-4-86337-212-2
2015.12.25

Table of Contents

Analyzing questions under discussion and information structure in a Balinese narrative
Riester, Arndt
pp.1-26
 
Discourse and information structure in Kadorih 
Inagaki, Kazuya 
pp.27-39 
 
Topic-Marking constructions in Bantik 
Utsumi, Atsuko 
pp.41-51 
 
Focus and argument indexing in Makasar 
Jukes, Anthony 
pp.53-63 
 
 A first take on information structure in Totoli - Reference management and its interrelation with voice selection 
Riesberg, Sonja 
pp.65-81 
 
Person restriction on passive agents in Malay and givenness 
Nomoto, Hiroki 
pp.83-101 
 
Pragmatic particles and information structure in colloquial Indonesian dialogue 
Miyake, Yoshimi 
pp.103-114 
 
Information structure and discourse markers in Tok Pisin : differences in genres 
Nose, Masahiko 
pp.115-126 

The role of Bunun deixis in information structure : An initial assessment 
De Busser, Rik 
pp.127-140 
 
The definite marker in Balinese 
Shiohara, Asako, Artawa, Ketut 
pp.141-159 
 
From Borneo to Bantu : How the Malagasy third person genitive pronoun *-ni may have become a locative suffix in Swahili 
Adelaar, Alexander 
pp.161-177 
 
Definiteness and specificity in Abui 
Kratochvil, Frantisek, Delpada, Benidiktus 
pp.179-208 

Citing articles in this volume

All the articles in this volume are permanently archived in the Prometheus-academic collections of the Tokyo University of Foreign Studies Library. - Please do not link directly to PDF files when citing the articles. Please use the document URLs provided at the bottom of the first page of the articles (e.g. http://hdl.handle.net/10108/0000) as these are the persistent identifiers of these works.   

Copyright

Authors retain copyright over all articles published in this volume. All the articles are made available through a Creative Commons Attribution Non-commercial No Derivatives license. A plain English description of the license can be viewed here. The full legal text appears here. Creative Commons licenses enable the legal sharing and reuse of cultural, educational, and scientific works and have been adopted by a growing number of scientists and scholars.

開催趣旨

「通言語的視点から見たオーストロネシア語の情報構造」研究会は、2月に第2回目となる国際ワークショップを開催します。本ワークショップでは一般言語学・語用論の専門家に情報構造の通言語的かつ理論的な発表をしていただき、オーストロネシア諸語に属する各言語の専門家にはそれぞれの言語特有の現象や地域的特徴を発表していただきます。通言語的視点と、ケース・スタディを組み合わせることによって、情報構造における、オーストロネシア諸語に特有の表現形式、あるいは通言語的に広く見られる表現形式を理解していくことを目標にしています。

本研究会の詳しい説明は以下のリンクをご覧ください。

http://www.aa.tufs.ac.jp/ja/projects/jrp/jrp194

開催情報

  • 日時:2015年2月11日(水)~13日(金)
  • 会場:東京外国語大学 アジア・アフリカ言語文化研究所 306号室
  • 参加費:無料
  • 主催:東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所 言語の動態と多様性に関する国際研究ネットワークの新展開
  • 運営:東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所 共同利用・共同研究課題「通言語的視点から見たオーストロネシア諸語の情報構造」(代表者 内海敦子(明星大学))

スピーカー一覧

  • Alexander Adelaar (AA研共同研究員/The University of Melbourne)
  • Rik De Busser (National Chengchi University)
  • Dwi Noverini Djenar (The University of Sydney)
  • Nikolaus Himmelmann (University of Cologne)
  • 稲垣和也 (AA研共同研究員/神戸市外国語大学)
  • Anthony Jukes (AA研共同研究員/CRLD, La Trobe University)
  • František Kratochvíl (AA研共同研究員/Nanyang Technical University)
  • 熊谷吉治 (愛知県立大学)
  • 三宅良美 (AA研共同研究員/秋田大学)
  • 野瀬昌彦 (AA研共同研究員/滋賀大学)
  • 野元裕樹 (AA研共同研究員/東京外国語大学)
  • Arndt Riester (University of Stuttgart)
  • Sonja Riesberg (University of Cologne)
  • Stefan Schnell (CRLD, La Trobe University)
  • 塩原朝子 (東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所)
  • 内海敦子 (AA研共同研究員/明星大学)

登録方法

参加を希望される方は、「ワークショップ申込み」と明記し、 下記の内容をご記入のうえ、2月6日(金)までにE-mailにて事務局宛にお申込みください。折り返しご連絡をさしあげます。どなたでもご参加いただけますが、お席に限りがございますので、できるだけ事前にご登録下さいますよう、お願いいたします。

  1. 氏名(名札用にローマ字表記も添えてください)
  2. 連絡先(ご所属、E-mailアドレス)
  3. 参加日程(全日程、11日のみ、など)

言語の動態と多様性に関する国際研究ネットワークの新展開(LingDy2)事務局
lingdy-office[atmark]aacore.net

プログラムの詳細は、下記をご覧ください。

TIMETABLE

コーディネーター

  • 内海 敦子 (AA研共同研究員/ 明星大学)
  • 塩原朝子 (東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所)

アクセス・お問い合わせ先

会場へのアクセスはこちらをご参照ください。
お問い合わせは、言語の動態と多様性に関する国際研究ネットワークの新展開(LingDy2)事務局 lingdy-office[atmark]aacore.net 宛にお寄せください。