AACoRE > Projects > LingDy
ILCAA

活動プログラム

失われゆく言語の記録と保存をどう支えるか:未来に向けての人材育成のモデル

開催趣旨

このシンポジウムは、少数言語・危機言語の記録研究・保存活動を支え展開していく人材の育成を中心テーマとし、特にアジア・太平洋地域において少数言語・危機言語の記録研究・保存活動を支える人材の育成に携わる研究教育機関や団体の代表者を招き、世界各地での人材育成を取り巻く多様な政治・社会環境や問題、また様々な活動目的や戦略などを比較対照することを通して、よりよい人材育成のモデルを探ろうとするものです。

これは、現在構築に向けて準備が進む国際コンソーシアム Consortium on Training in Language Documentation and ConservationCTLDC (CTLDC)の必要性と構築趣旨に関する理解を広めるために計画されました。

Position Paper (pdf 70KB)

開催情報

  • 日時:2010年11月12日(金)~13日(土)
  • 会場:東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所 大会議室 (303)
  • 参加費:500円
  • 主催:東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所 言語ダイナミクス科学研究プロジェクト

プログラム

プログラムの詳細は、下記をご覧ください。

TIMETABLE ABSTRACTS BIOGRAPHIES

登録方法

参加を希望される方は、「シンポジウム申込み」と明記し、下記の内容をご記入のうえ、11月8日(月)までに(懇親会ご参加希望の方は11月4日(木)までに)E-mailにて事務局宛にお申込みください。折り返しご連絡をさしあげます。どなたでもご参加いただけますが、お席に限りがございますので、できるだけ事前にご登録下さいますよう、お願いいたします。

  1. 氏名(名札用にローマ字表記も添えてください)
  2. 連絡先(ご所属、E-mailアドレス)
  3. 参加日程(全日程、12日のみ、など)
  4. 懇親会参加の有無(11月12日 18:00より東京外国語大学キャンパス内ホール(アゴラグローバル)にて開催予定。参加費 3,500円)

言語ダイナミクス科学研究プロジェクト(LingDy)事務局
lingdy-office[atmark]aacore.net

スピーカー一覧

  • Margaret CAREW : Batchelor Institute for Indigenous Tertiary Education, Australia
  • Ganesh DEVY : Dhirubhai Ambani Institute of Information and Communication Technology and Bhasha Research and Publication Centre, India
  • Akhunzada FAKHRUDDIN : Forum For Language Initiatives, Pakistan
  • Margaret FLOREY : Resource Network for Linguistic Diversity, Australia; CTLDC co-Director
  • Carol GENETTI : University of California at Santa Barbara, USA; CTLDC co-Director
  • Lungtaen GYATSO : Institute of Language and Culture Studies, Bhutan
  • Kathleen HEUGH : School of International Studies, University of South Australia
  • Peter KEEGAN : Te Puna Wānanga, University of Auckland, New Zealand
  • Daryn MCKENNY : Miromaa Aboriginal Language and Technology Centre, Australia
  • Rozenn MILIN : Sorosoro, France
  • Toshihide NAKAYAMA : Research Institute for Languages and Cultures of Asia and Africa, Tokyo University of Foreign Studies, Japan
  • Misako OHNUKI : UNESCO Category II Centre for Intangible Cultural Heritage, Japan
  • Suwilai PREMSRIRAT : Center for Documentation and Revitalization of Endangered Languages and Cultures, Mahidol University, Thailand
  • Victoria RAU : Institute of Linguistics, National Chung Cheng University, Taiwan
  • Yusuf SAWAKI : Centre for Endangered Languages Documentation (CELD), Papua, Indonesia
  • Narayan SHARMA : SOAS, UK & Chintang and Puma Documentation Project, Nepal
  • Akatsuki TAKAHASHI : UNESCO Office for the Pacific States in Apia, Samoa
  • Nick THIEBERGER : Pacific and Regional Archive for Digital Sources in Endangered Cultures, Australia; University of Hawai'i, USA
  • Anne-Marie WANAMP : Basic Oral Language Documentation (BOLD:PNG); Department of Language and Literature, University of Goroka, Papua New Guinea
  • Feng WANG : Peking University, People's Republic of China

アクセス・お問い合わせ先

会場へのアクセスはこちらをご参照ください。
お問い合わせは、言語ダイナミクス科学研究プロジェクト事務局 lingdy-office[atmark]aacore.net 宛にお寄せください。

昼食について

当日は大学の食堂が営業しておりませんので、昼食はご持参いただくか、近隣のレストランをご利用ください。会場にお越しの方には大学周辺のレストラン等をご案内するランチマップを配布する予定です。