AACoRE > Projects > LingDy
ILCAA

活動プログラム

世界の言語で読む Le Petit Prince(11月19日~23日)

概要

 昨年度に引き続き、外語祭期間中、「世界の言語で読む Le Petit Prince(邦題『星の王子さま』)」企画展を開催します。『星の王子さま』は世界で聖書の次に多くの言語に訳されている本だと言われています。今回は20以上の言語による『星の王子さま』の紹介と分析を展示し、それぞれの言語のしくみを紹介します。
 開催期間中の3日間、世界各地でフィールドワークをおこなっている言語研究者のトークも行います。一般向けのトーク内容となっておりますので、お気軽にお立ち寄りください。
 東京外国語大学公式ウェブサイトのトピックスにも取り上げられていますので、こちらもご参照ください。

開催期間

2016年11月19日(土)~23日(水・祝)

開催場所

アジア・アフリカ言語文化研究所(AA研)3階 大会議室(303室)

ポスター展示

「世界の言語で読む "Le Petit Prince"」
11月19日(土)~23日(水・祝) 10:00~17:00

トークプログラム

11月19日(土)

13:00~14:00 風間 伸次郎(東京外国語大学)

11月20日(日)

13:00~13:40 吉岡 乾(国立民族学博物館)
       「悲喜交々だよフィールド言語学」
14:00~15:00 山田 祥子(北海道立北方民族博物館)
       「ウイルタ語を話す「王子様」誕生 サハリン先住民言語の現在」
15:20~16:00 呉人 惠(富山大学)

11月23日(水・祝)

15:00~15:40 石塚 政行(東京大学)
       「外国語はなぜ重要なのか 能格性と対者性」
16:00~17:00 新永 悠人(成城大学)
       「フィールドワークってどんなこと?ひらがなで書けない奄美の音を聞こう!」
17:10~17:50  江畑 冬生(新潟大学)
       「世界の言語の多様性:「語」に含まれる情報に着目して」